ロゴ

結婚指輪は2人で決める

2人で決めるからこそ、結婚指輪の意味があるのです。結婚指輪は、実は古代ローマ時代からあったとされるほど、昔から男女が愛を交わす歴史あるセレモニーの1つなのです。2人で永遠を誓いともに歩むことを決めたならば、指輪選びも2人で行うことでより強く絆を結ぶことになります。ですから、ぜひ指輪購入までの流れを把握しておきましょう。

結婚指輪を購入する上で押さえておきたいポイント

  • 結婚指輪のイメージや予算を決める
  • 情報収集&下調べを行う
  • ブランドショップのリサーチ
  • アフターケアの有無
  • 注文から納期までにかかる時間の把握
  • 支払い方法

新婚さんに教えたい!結婚指輪のあれこれ

ペアリング

結婚指輪の購入時期

挙式や披露宴を控えていると、何かと準備や対応に追われ忙しくなります。結婚式間近になって指輪を用意したのでは、ぎりぎりになってしまいます。万が一、トラブルが起きた時に対応できないということになれば大変ですから、早めに決めておきましょう。だいたい結婚式の3~6カ月前に購入される方が多いようです。手作り指輪を検討されている方は、デザインや作成に時間がかかりますから、早めに取り組むことがベストです。

結婚指輪の値段

結婚指輪は、ブランド指輪だと2人合わせて20~25万で購入される方が多いようです。夫婦折半だったり夫や妻のどちらかが負担したりとカップルによって違うようです。もう少し費用を抑えたい方や、思い出に残る結婚指輪にしたい方は2人で手作りしてみるのもいいかと思います。

左手薬指にはめる理由

左手薬指に結婚指輪をはめるのは、ちゃんと意味があるのです。指輪には、はめる指によって意味が変わってきます。左手薬指は「2人の愛の絆を深める」という意味があります。結婚指輪をはめるのにふさわしいですよね。これから結婚式で指輪の交換を行う方は、意味を知って気持ちを込めながら交換してみてはいかがでしょうか。

ブランドショップで結婚指輪を買う時の流れ

手

後悔しない指輪選びを

結婚指輪で後悔しないためにも、購入の際に重視しておきたいポイントがあります。それは、些細な自分の心の声を無視しないことです。「こんなものでいいかな」と妥協してはいけません。安くない買い物ですし、一生身につけるものですから、しっかりと後悔しないように選びましょう。自分のライフスタイルに合わせたデザインや、重さなどをきちんと見ておきましょう。服に引っ掛かりやすいデザインに気をつけたり、2人のこだわりを込めたデザインを選んだりと、時間をかけて決めましょう。また、アフターサービスが保証されているお店を選ぶと、後々サイズ直しなどのケアも受けられていいかと思いますよ。