ロゴ
HOME>Column>二人で身に着ける結婚指輪はハワイアンジュエリーで決まり

二人で身に着ける結婚指輪はハワイアンジュエリーで決まり

ハワイアンジュエリー

モチーフの持つ意味

永遠の愛を誓う証となる結婚指輪は二人だけのためのアイテムです。それだけに世界に二つとない特別な結婚指輪を贈りたい、という人も少なくありません。心の込められたハワイアンジュエリーは結婚指輪として多くの人から選ばれていますが、その特徴の1つがレアリティ感を持っていることです。ハワイアンジュエリーは彫師が1つ1つ丁寧にリングにデザインを彫り込んでいきます。そのデザインはその指輪のみにしか存在しないため、特別な人へ贈る指輪としては最適です。もう1つハワイアンジュエリーの特徴として知っておきたいのが、モチーフについてです。ハワイアンジュエリーに刻まれているデザインには多種多様なモチーフが採用されていますが、それぞれに意味があります。例えばマイレリーフは「聖なる繋がり」という意味が、ピリナという葉には「絆」という意味が込められています。

ハワイアンジュエリー

オーダーメイドの特別感

ジュエリーショップに行けば必ずと言ってよいほど、ハワイアンジュエリーのコーナーがあります。ハワイアンジュエリーは今や結婚指輪の定番ですが、その人気の理由を見てみましょう。第一に、オーダーメイドが基本であるという点です。リング素材からデザイン、さらにエッジに至るまで自由に決めることが可能です。よくあるセミオーダーメイドの結婚指輪のように事前に用意された素材から選んで組み合わせるのでなく、彫り込むモチーフに至るまで細かに指定できます。第二の人気の理由が、メッセージ性が強いことです。ハワイアンジュエリーは起源であるハワイでは家族に代々受け継がれる大切な装飾品です。愛する人から愛する人へと伝えられるかけがえのない象徴として、ハワイアンジュエリーは大きな意味を持っています。